ゆとりのたわごと

人生是一方通行

嵐を細胞小器官で例えてみた

えー、タイトル通りのことをやります。なぜこんな需要のないことを考え始めたかというと、暑さのせいで頭がおかしくなったからです!!!!!

というのは嘘で、私の専門分野に嵐をもってきたかったからです。そうです、私得でしかありません。
こちらがきっかけです。 

 まず、さらーっと。

松本潤くんは核
相葉雅紀くんは小胞体
二宮和也くんはゴルジ体
大野智くんはリソソーム
(考えた順に並べました)
 
 まず、私が愛してやまない櫻井翔くんは文句なしのミトコンドリアです。(どさくさに紛れて告白♡)
ミトコンドリアは、もともとは違うところにいた微生物がなんらかの理由で細胞に加わったとされており*1意味合いは少しズレますが、アイドルとキャスターの二足のわらじを履く彼にはぴったりでは?と思いました。また、ミトコンドリアは細胞にとって必要不可欠なエネルギーATPを生産します。嵐が動き続け、変化し続けるのに彼はとても大事な存在だと思います。
 
 潤くんは核。核は知ってる方も多いのではないでしょうか?もちろん細胞にとって必要な機能です。単にDNAを含むといっても、1つの細胞にはすべてのDNAがあります。つまりどれにでも分化することが可能なんです!!!!!!!極端に言えば、皮膚細胞だって心臓になれるんです!!!!!……すごくないですか?っと、この辺にしておいて…
潤くんは嵐の次の方向性をしっかり見据えている人だと思うし、率先して変化を見せてくれる人だと思ってます。ファンライトにしかり。嵐という生命体の行く先を握っている人だと考えました。
 
 相葉さんは小胞体。小胞体には2種類あるのですが、今回はまとめて考えました。小胞体はめちゃくちゃ重要な機能だと思うんです!大学の講義で面白いなぁ!と思ったのが小胞体について研究してる先生の講義でした。いろんな働きをするんですが、主にタンパク質を合成し、薬物の解毒をしたりします。タンパク質は生命体にとって重要な高分子です。
嵐にとって必要な物質を作ってくれる、産み出してくれる相葉さん…なんて素敵なんだ!あとは解毒作用ということで、嵐が仕事する上で上手く回すため、場を和ますための潤滑油みたいな存在かなと考えました。お?ということは私が今一番興味あるのは相葉さんということになるのかな??ぐふぐふ
 
 ニノはゴルジ体。ゴルジ体はタンパク質の加工、選別をします。小胞体からタンパク質を受け取って、要らないところを切ったり付け足したりするんです。そして大事なタンパク質を梱包して、細胞内外の適切な場所へ配送します。
タンパク質を最終チェックして、それを送り届ける。嵐が大好きな彼にしかできない仕事だと思います。……というのは建前で。小胞体から不完全なタンパク質を受け取って、それを修飾して梱包・配送するんです…!
これを私の脳内で再生すると。相葉さんの仕事に対して「もう〜ちゃんとやれよな!?どうして俺が相葉さんのフォローしなくちゃいけないんだよ…」とぐちぐち文句を言いながらも素直に仕事をする二宮さん。………萌えませんか??すごく萌えませんか????*2
はぁぁぁにのあい大好き。これが理由です。
 
 大野さんはリソソーム。リソソームは細胞に取り込まれた栄養分や異物を分解する場です。
アイドルとアーティストの二足のわらじを履くという意味では翔くんと同じように、二重膜をもつ葉緑体かな?と思ったのですが、一般的には植物細胞にしか存在してなくて、今回は動物細胞だけでやりたい!という気持ちがあったので(知らんがな)リソソームにしました。嵐にとって必要なものは取り込む。要らないものは徹底的に排除する。丁寧に段階を踏んで消化するので、繊細な彼にはびったりではないかと思いました。あと、基本的にはみんなを後ろからそっと支えるリーダーとして最適ではないでしょうか。

 山大好き人間なので、どうしても!山要素は入れたかったんです!!ええ、こじつけです。(しょうくんのために栄養を取り入れ、異物は取り除くためにせっせと働く大野さん……!!!なんてことを考えてぐふぐふしておりました)

 
以上になります〜!……あれだね、向いてないことはするもんじゃないね?ほんとに疲れました。こんなに頭使ったのは久しぶりです(笑)
一学部生のたわごとなので、もし間違ってるところなどがあれば教えてください。拙い文章ではありますが、少しでも細胞学、生物学、理科に興味を持って頂けたら専門学生として嬉しく思います。
 
 
 

*1:細胞内共生

*2:これでも山クラスタ